「ちゃんと応える医療保険 レディースEVER」【通院ありプラン】の特長

商品に関するお問い合わせ・ご相談

いますぐ資料請求

|ちゃんと応える医療保険レディースEVER【通院ありプラン】

ちゃんと応える医療保険 EVER
  • 特長
  • 保障内容・保険料シミュレーション
  • 資料請求

プランは[通院あり/通院なし]が選べますまずは基本の保障から、という方は[通院なしプラン]へ

|特長通院ありプラン

1

<入院保障>
日帰り入院でも、5日未満の入院なら、 一律5日分をお支払い

※入院日数が5日未満の場合、一律、入院給付金日額×5日分をお支払いします。ただし、退院日の翌日から180日以内に入院した場合は、入院日数を通算して1回の入院とみなします。そのため、すでに5日分の入院給付金をお支払いしている場合には、通算した入院日数から5日分を差し引いてお支払いします。

※日帰り入院(入院日数が1日)とは、入院日と退院日が同一の入院をいい、入院基本料の支払い有無などを参考にして判断します。

さらに入院一時金特約を付加すると一律5万円をお支払い

※特約給付金額5万円の場合

2

<女性のための入院の保障>
女性特有の病気で入院した場合、入院給付金を上乗せして保障

3

<女性のための手術の保障>※女性特定手術特約を付加した場合
女性特定手術を手厚く保障

  • NEW 女性特定手術給付金

    病気・ケガの治療を目的として乳房、子宮、卵巣の所定の 手術(*)を受けたとき
  • NEW 乳房再建給付金

    女性特定手術給付金が支払われる乳房の手術を受けた後に乳房再建術を受けたとき

*乳房観血切除術、子宮全摘出術、卵巣全摘出術

4

<通院保障>
入院60日以内と退院120日以内の通院を最高30日まで保障

5

<三大疾病保障>
特約を付加することで
がん・急性心筋梗塞・脳卒中(三大疾病)で所定の状態になった場合

  • 2年に1回を限度に
    何度でも一時金をお支払い
  • 以後の保険料は
    いただきません
  • 病気・ケガの入院は365日まで三大疾病による入院は日数無制限で保障

|女性にはこんなリスクがあります

女性特有の病気のリスクは?

女性特有の病気とは、女性に多い乳房や子宮などに関わる病気をいいます。
子宮内膜症は20歳代から、子宮筋腫は30歳代から、関節リウマチは50歳代から、病気になるリスクが高まります。

女性患者数の年代別割合

疾病別女性患者数における年齢階級別患者数の割合

厚生労働省「平成26年 患者調査」をもとにアフラック作成

妊娠・出産のリスクは?

分娩件数に対する帝王切開の割合は約19.7%。帝王切開をはじめ、妊娠・出産に対するリスクもあります。

疾病別女性患者数における年齢階級別患者数の割合

厚生労働省「平成26年 医療施設(静態・動態)調査・病院報告の概況」

女性特有のがんのリスクは?

女性がかかることが多い「乳がん」「子宮がん(子宮頚がん、子宮体がん)」「卵巣がん」。
特に、30歳代後半から、がんにかかるリスクが高まります。

女性のがんにかかるリスク(がん総患者数(女性))

疾病別女性患者数における年齢階級別患者数の割合

厚生労働省「平成26年 患者調査」

疾病別女性患者数における年齢階級別患者数の割合 疾病別女性患者数における年齢階級別患者数の割合

(*)国立がん研究センターがん情報サービス 「がん登録・統計」「がんに罹患する確率〜累積罹患リスク(2012年データに基づく)」

子宮・卵巣の全摘出が必要になる可能性のある病気

子宮:子宮頚種のように再発リスクの高い病気や子宮がんがあります 卵巣:卵巣がんや卵巣のう腫があります

乳房再建術とは

お腹や背中の組織またはシリコンなどの人工物を用いて新たに乳房をつくることを乳房再建術といいます。
乳房再建には、大きく分けて2つの方法があります。

皮弁法:お腹や背中などの組織(自家組織)を移植する方法 シリコン・インプラント法:人工乳房を胸に挿入する方法

|付帯サービス(ご契約後のサービス)

<ちゃんと応える医療保険EVER/ちゃんと応える医療保険レディースEVER>および<ちゃんと応える医療保険 やさしいEVER>の被保険者様にご利用いただけるサービスです。ぜひご活用ください。

ダックの医療相談サポート

病気・ケガをしたときの、
治療費以外の不安や悩みもサポートします。

1.健康や医療に関する相談をしたい

ご契約者様とそのご家族がご利用いただけます。

24時間健康電話相談サービス

健康や医療に関するご相談に、看護師などの医療専門スタッフが24時間365日お電話でお応えします。気になる体の症状や治療のご相談にも応じます。
提供:(株)ウェルネス医療情報センター

24時間年中無休 相談料・通話料無料

2.診断や治療方法について相談したい

被保険者様がご利用いただけます。

セカンドオピニオンサービス
ベストドクターズ®・サービス

セカンドオピニオンとは、納得がいく治療方法を選択できるように、現在診療を受けている主治医とは別の医師に診断や治療方針・方法など「第二の意見」を求めることです。このサービスでは、全国の優秀な医師の中からご利用者様の病名や症状に合わせて専門医をご紹介します。
提供:(株)法研

医師の紹介およびセカンドオピニオン受診費用無料
※検査や治療等にかかる費用はご利用者様負担

3.専門のお医者さんを探したい

被保険者様がご利用いただけます。

治療を目的とした専門医紹介サービス
ベストドクターズ・サービス

医師同士の相互評価で一定の評価を得た全国の優秀な医師の中から、ご利用者様の病名や症状に合わせて専門医をご紹介します。 医師から受診の承諾を得た後にご紹介しますので、紹介されたものの実際には診てもらえないなどという心配はありません。
提供:(株)法研

医師の紹介にかかる費用無料
※検査や治療等にかかる費用はご利用者様負担

※Best Doctors®およびベストドクターズは、Best Doctors, Inc.の商標です。

ダックの医療相談サポートに関する注意事項

  • ●これらのサービスは、潟Eェルネス医療情報センター、竃@研が提供するサービスであり、アフラックの保険契約による保障内容ではありません。
  • ●対象のご契約が有効である場合にご利用いただけます。ご契約が終了している場合、また失効中の場合はご利用いただけません。
  • ●これらのサービスは2017年2月20日現在のものであり、将来予告なく変更もしくは中止される場合があります。

セカンドオピニオンサービス、治療を目的とした専門医紹介サービスにおける注意事項

  • ●お申込みいただいた医療保険の被保険者様がご利用いただけるサービスです。
  • ●病名が判明している場合に限りご利用可能です。また、すでに終了している治療についてのご相談やご依頼は受けられません。
  • ●救急に関するご相談やご依頼は受けられません。
  • ●医師の紹介料およびセカンドオピニオンの受診費用(相談料、診断料)以外は自己負担となります。
    ※紹介状作成費用、交通費や宿泊費、検査や治療にかかる費用等は自己負担となります。
  • ●医療過誤、裁判係争中の問題、および交通事故に起因する傷病等に関するご相談やご依頼は受けられません。
  • ●全ての病気・ケガを対象とするものではありません。
    例えば@美容外科、心療内科、精神科、歯科および口腔外科に関するご相談やご依頼、A日常的にみられる傷病等の治療であって専門性を必要としないものに関するご相談やご依頼は受けられません。
  • ●医師の指定はできません。
  • ●その他ご利用にあたっての諸条件等につきましては、http://www.iryosoudansupport.jp/もしくは、ご契約後にお届けする保険証券に同封の「利用規約」をご確認ください。

詳細につきましては、「パンフレット」、「契約概要」、「注意喚起情報」、
「ご契約のしおり・約款」をご覧ください。

  • 保険料シミュレーション
  • 資料請求はこちら