保障内容・保険料シミュレーション - 医療保険 ちゃんと応える医療保険 介護EVER

募集代理店:株式会社アイ・エフ・クリエイト

資料請求専用お電話
0120-010-500

受付時間 9:15~18:00(年末年始・日曜・祝日除く)

医療保険ちゃんと応える医療保険
介護EVER
保障内容・保険料シミュレーション

ちゃんと応える医療保険 介護EVER

資料請求・お申込みなどの
各種お手続きはこちら

保障内容・保険料シミュレーション

お客様情報を選択してください

年齢 契約年齢:50歳~85歳

性別

通院保障

試算条件:

お申込み
いただけません
2019年1月21日現在
入院給付金日額
3,000
合計月払保険料
[個別取扱]
- お申込み
いただけません
保険期間 終身
介護のリスクの保障 介護一時金(*1)

?

内訳保険料 
--
特約給付金額 100万円の場合所定の要介護状態になったとき
1回限り
100万円
保険期間
終身
支払事由

つぎのいずれかに該当したとき

  • 「公的介護保険制度にもとづく要介護2以上の状態」とは、要介護認定等に係る介護認定審査会による審査及び判定の基準等に関する省令(平成11年4月30日厚生省令第58号)第1条第1項に定める要介護2から要介護5までのいずれかの状態をいいます。
認知症介護一時金(*1)

?

内訳保険料 
--
特約給付金額 100万円の場合認知症による所定の要介護状態になったとき
1回限り
100万円
保険期間
終身
支払事由
認知症による要介護状態が90日以上継続したとき
入院 疾病入院給付金・
災害入院給付金

?

5日未満の場合一律5日分
1.5万円
5日以上の場合1日につき
3,000
保険期間
終身
支払事由

病気・ケガの治療を目的として入院したとき

1回の入院給付金支払限度

[60日型:60日まで]

手術 手術給付金

?

重大手術 回数無制限 1回につき
12万円
手術(重大手術を除く) 一連の手術については14日間に1回 回数無制限 入院中の手術
1回につき
3万円

外来による手術
1回につき
1.5万円
保険期間
終身
支払事由
がん(悪性新生物)などの重大手術(*)や、病気・ケガの治療を目的として所定の手術を受けたとき

(*)がん(悪性新生物)に対する開頭・開胸・開腹手術や心臓への開胸術など所定の手術

放射線治療 放射線治療給付金

?

入院しなくても60日に1回 回数無制限 1回につき
3万円
保険期間
終身
支払事由
病気・ケガの治療を目的として所定の放射線治療を受けたとき
通院 疾病・災害通院給付金

?

入院前(60日)、退院後(120日)の間で最高30日まで 通院給付金日額3,000円の場合
1日につき
3,000
保険期間
終身
支払事由
疾病入院給付金・災害入院給付金が支払われる入院の原因となった病気・ケガの治療を目的として通院したとき(往診も含む)
plus
  • 「三大疾病保険料払込免除特約」は介護EVERと同時にお申込みください(中途付加はできません)。
  • 三大疾病とはがん・急性心筋梗塞・脳卒中をさします。
  • 特約を付加した場合の保険料についてはお問い合わせください。
  • ご希望により、どちらか一方を取り外すことができます。

入院給付金支払限度

入院給付金支払限度とは、1回の入院で保障される日数のことです。60日型は1回の入院で最高60日まで、120日型は最高120日まで保障されます。

日常生活動作における要介護状態とは以下のとおりです。

「日常生活動作における要介護状態」とは、つぎの(1)および(2)のすべてに該当し、かつ、他人の介護を要する状態をいいます。

(1) 右記の①および②のうちいずれか1項目以上について、「全介助を要する状態」であること
  • ①寝返り
  • ②歩行
(2) 右記の①②③④のうち、いずれか2項目以上について、「一部介助を要する状態」または「全介助を要する状態」であること
  • ①衣服の着脱
  • ②入浴
  • ③食物の摂取
  • ④排泄

認知症による要介護状態とは以下のとおりです。

「認知症による要介護状態」とは、器質性認知症と診断され、意識障害のない状態において見当識障害がある状態をいいます。

「器質性認知症」とは、つぎの①②両方に該当する所定の認知症をいいます。

  • 脳内に後天的に生じた器質的な病変または損傷を有すること
  • 正常に成熟した脳が、①による器質的障害により破壊されたために、一度獲得された知能が持続的かつ全般的に低下したものであること

「見当識障害」とは、つぎの①②③いずれかに該当することをいいます。

  • 常時、時間の見当識障害があること
    ・季節または朝、真昼、夜のいずれかの認識ができないこと
  • 場所の見当識障害があること
    ・今住んでいる自分の家または今いる場所の認識ができないこと
  • 人物の見当識障害があること
    ・日頃接している家族または日頃接している周囲の人の認識ができないこと

詳細につきましては、「パンフレット」、「契約概要」、「注意喚起情報」、「ご契約のしおり・約款」をご覧ください。

AFH234-2018-5714 12月14日(201214)

資料請求・お申込みなどの
各種お手続きはこちら

電話で資料請求・お問い合せ